資産運用でFXをやってはいけない。FXは投資ではなく危険なギャンブル。

資産運用でFXは危険

副業で稼いだお金で
資産運用として株や投資信託をやることはおすすめできます。

「株式投資」自体を副業としてチャレンジしてみるのもおすすめはできます。

「株」や「投資信託」は成長する見込みがある企業や分野などに自分の資金を投入して資産を増やすので、ちゃんと将来有望な企業・需要が見込める企業に投資すれば長期でみればかなりの確率で資産が増えます。

しかし、FXはおすすめしません。

FXは投資ではない。

一番の理由は、資金を投入しても増える確率が50%以下である可能性が高いからです。

これが分かりやすく60%以上の確率で儲かる(40%の確率で損する)というのであれば自分のお金を投資してもいいのかもしれませんが、
FXはゼロサムゲームです。

分かりやすく上がるか下がるかを当てるだけで儲かるか損するかが決まります。
勝つ人間がいれば必ず負ける人間がいます。
株式投資のようにみんなが勝つというようなことがありません。

儲かる確率が50%以下ならそれはギャンブル。

そして、FX会社は利用者が為替取引をする度に、手数料やスプレッドによる利息のようなものを取ります。
いわゆるFX取引(為替取引)をするためのシステム利用料のようなものです。

このシステム利用料がFX会社の儲けになります。利用者が多ければ多いほど取引量が多ければ多いほどFX会社は儲かります。

利用者から手数料・スプレッドを取っているということは、利用者はマイナスからのスタートになるので50%の勝率ではなくそれ未満の勝率になります。

100万円をドルに替えて、それをすぐに日本円に戻しても必ず100万円よりも少ない金額になります。FX会社がシステム利用料を取っているので。

つまり得する確率よりも損する確率のほうが高い。

レバレッジを使えば、負ける確率は高いが勝つと大きい。

つまり宝くじや競馬と同じ。
ギャンブルと一緒です。

「FXはギャンブルではなく投資です。」と言っているところはよく見てみましょう。
これを使えば勝てるなどFX会社の口座開設や自動ツールなどの紹介をやっているはずです。これでお客が申し込めば紹介報酬がもらえるのです。

報酬が欲しいからギャンブルではないと言っているはずです。

資産運用を検討していてFXが簡単そうだからやってみようと考えている方は、FXではなく株式投資にしておきましょう。

着実に資産を増やすことを考えるとFXはリスクが高すぎるのでおすすめはしません。

大きくリスクを背負って大きく稼ぎたいのであれば止めませんが、安易に簡単そうだからとか大きくお金を増やせそうだからという理由ではやらないほうがいいです。

もちろん世の中にはポーカーが異常に強い人もいれば、パチスロだけで生活費を稼げてしまう人もいます。

だからFXが向いていてものすごく資産を増やせる才能の人も中にはいるでしょう。

しかし、そんな人間は全体の中のごくわずかです。

FXのプロになりたいなら話は別ですが、単純に資産運用でお金を増やしたいという方はFXはやらないほうがよいでしょう。

2018年7月6日FXFX, 株式投資, 資産運用

Posted by Iwaya