テレワークとリモートワークの違い

リモートワーク(テレワーク)とは

テレワークとは

インターネットなどの通信技術インフラを利用することで、会社に行かなくても家でも仕事ができるなら家で働いていい働き方の一種。

「tele=離れた場所で」「work=働く」という意味の日本の造語。
実際には、telecommuting(テレコミューティング)という。

つまり分かりやすく言うと「在宅勤務」もOKという働き方。
「在宅勤務」とは、
会社に行かずに家で仕事をするというもの。

しかしそれだけではなく「テレワーク」の中には、

移動中でもスマートフォンなどで仕事をする「モバイルワーク」。

貸しオフィスなど仕事の場所を会社だけに固定するのではなく複数の決まった場所を用意して仕事をできるようにすることで出勤時間の削減なども考えた働き方「サテライトオフィス勤務」

などがある。

リモートワークとは

リモートワーク(remote work)とは言葉のとおり、「遠隔で働くこと」。

自宅やコワーキングスペース、カフェなどでインターネット、メール、チャット、電話などを使って連絡・会話をしながら仕事をする。場所を制限しない働き方。

つまりテレワークと内容はほぼ一緒。

IT企業、ベンチャー企業、スタートアップ企業でよく使われている言葉。

テレワークよりもこちらのほうが言葉としては正しい。

筆者も場所を決めつけない働き方は「リモートワーク」と呼んでいる。

テレワークはテレフォンワーク、つまりコールセンターの仕事のように勘違いしてしまいそうな違和感があるので基本的に使わない。
あとネーミングが古臭くてダサいイメージがなんとなくある。

こういったリモートワーク・テレワークは、今まで邪魔な制限だった仕事をするにはわざわざ会社のある場所に行かなければならないという固定概念を取り除くことで働き方の自由度・時間の自由度を大きく高める効果がある。

ただし、人の目・外部からの無言の圧力のようなものが薄くなるため、この働き方は自ら仕事をするという行動力が必要で自己管理能力が一定以上ある人間でないと適さないという欠点もある。