副収入をNAVER(ネイバー)まとめで稼ぐ。は現在も可能か【2019年度調査】

naverまとめ© LINE Corporation

Naverまとめで副収入を稼ぐ

「Naverまとめ」は、誰でも簡単にまとめ記事を作れてそのアクセス数などに応じて報酬(収入)がもらえるまとめ記事サイトです。

NAVERまとめ

ちなみにNAVERの読み方を間違って覚えている方が意外と多いようなので、正しい読み方を一旦お伝えしておきます。
読み方は「NAVER(ネイバー)まとめ」です。
よくスペルが似てるのでNEVERだと勘違いして「NEVER(ネバー)まとめ」と間違っている方がいるようですが、正しくは、NAVER(ネイバー)です。

Naverまとめが話題になっていた時にはまとめ記事を書くだけ・まとめるだけで月40万円以上の収入を稼ぎだす人達もたくさんいると話題になっていましたが、2019年の現在もまだ稼ぐことはできるのかを調査してまいりました。

Naverまとめの報酬金額(収入計算)

よく単純に1ページビューあたり0.2円と言われていますが、実際は1ページビューではなく

「1POINT」あたり0.216円です。

「POINT」とは、アクセス集計を元にNaverまとめが独自に算出した評価数値です。

その計算方法は公開されていないはずなのであくまでも推測ですが、
ページビューだけでなくお気に入り数やSNSでの評価やNaverまとめ利用者からの好リアクション(カテゴリ・トピックの追加)などを数値化して算出したものがPOINTとされていると思われます。

だから単純に「見られたページ数 × 報酬単価」ではありません。

つまり1ヶ月で5000回見られたとしてもそれが1ビューあたり0.2円で単純に1000円になるわけではなく、あくまでも評価POINTで計算されるので1ヶ月で50POINTなら「50 × 0.216円」で10.8円といった感じになります。

残念ながらページビュー × 0.2円のような単純で高単価な計算ではないため高い報酬・収入を得ることはかなり難しいようです。

「Naverまとめで稼ぐ」を時給・月給で計算してみた

実際にまとめを制作してみた結果、
実例として
2000ビューで50円くらいでした。

ちなみに一般的なまとめは1日10アクセス 〜 30アクセス前後が平均です。
つまり1ヶ月で約300ビュー 〜 900ビュー。

これで計算すると、
1記事だけなら50円稼ぐのに2ヶ月から7ヶ月ほどかかる計算です。

つまり1記事だと1ヶ月で稼げるのは7円から25円ほど。

30分で1記事作ると仮定して計算した場合、
一般的なアクセス数のまとめ記事の場合、1ビューあたり0.025円で
2記事で1日平均60ビュー程度だと1.5円/24時間で
時給0.0625円
ただし、一度作れば長い期間コンスタントに報酬が入ってくる可能性もある。

「副収入をNAVERまとめで稼ぐ」の調査結果

もちろん、まとめ記事がヒットして1日10,000アクセスといったこともありえるので一概にこの時給とはなりませんが現実は相当な数のまとめ記事を作らなければ1ヶ月で1万円以上の報酬に到達することはかなり難しいと思われます。

普通にまとめ記事を作成していると月1万円稼ぐには単純計算で最低でも400記事以上書かないと達成できないことになります。

良い結果を出し続けている方には「奨励金制度」といったものがあり、報酬レートが最大で5倍まで上がるのですが、これは常に好記録でさらに記録を毎月更新し続けなければならないようなので現実的なものではなく適用されても一時ボーナス的なもののようです。

結果:Naverまとめで稼ぐは、
ものすごく頑張り続けて1ヶ月 数万円程度が相場。

つまりほとんどのケースで「割にあわない。」という結果になりました。

Naverまとめでより賢く稼ぐには

稼ぐなら瞬間的にアクセス数が大きく増える「今、話題」系(トレンド系)を狙ってまとめ記事を早く作って出すのが最も効率的と考えられる。

大きなイベント系・芸能ニュース系で今、話題になっている事柄の関連まとめをすぐに作って公開すればアクセスする人が多いのでページビューを多く稼げる。

ただし、常に流行や話題にアンテナを張っておいて良さそうなものが出たらできるだけ早くまとめて記事を出すという精神的にも体力的にも消耗する作業なので、それで頑張り続けたとしても数万円ほどの稼ぎにしかならないのはほとんどの人には割に合わない。

さらに「今、話題」系(トレンド系)は最初のアクセス数はかなり多くてもそれは瞬間的なものであって1ヶ月後・半年後にはアクセス数ほぼ0ということもよくあるので常に新しいまとめ記事を作り続けなければならない。

Naverまとめ記事の作り方の注意点

定期的にまとめ記事のメンテナンスも必要

Naverまとめは、色々なところから内容を集めてきてまとめただけの記事なので、ほとんどのアイテム(パーツ)が他のブログやサイトから一部持ってくる(引用する)作りになっています。

引用自体は何も悪くなく法律的にも認められた行為ではあるのですが、Naverまとめに引用されるのを「勝手に盗まれた」と思い込んでそういった行為を非常に嫌う方々もいます。

そして、怒った引用元が「勝手に使うな!」とNaverまとめに通報するとその部分が非表示にされてしまうことも多々あります。

つまり、せっかくまとめとして完成させたのに話の流れが途中で穴が空いてしまって不完全なまとめになってしまうこともたまにあります。

仕方がないので、その穴を他のところからまた引用してきて修正・補修する作業なども発生します。

特にツイッターを大量に引用するとかなりの確率でところどころ非表示にされてしまうことがあります。

ツイッターは公式のルールでも「引用されることを許可する」と明確に書かれているのにNaverまとめ側は面倒なことになって批判的な立場におかれるのを嫌がるのでツイートも本人から通報・抗議されたものは非表示にしてしまいます。

こういったことから非表示にされた部分を定期的に補修する作業がまとめが完成した後でも発生します。

アダルト系はレートが下がるので注意

アダルト系は報酬レートが通常よりも低くされてしまうのでアクセス数があっても結局稼げません。

引用先が1つだけのまとめは注意

例えば、このブログ記事がすごくいいからこのブログ記事をまとめ記事にしちゃおう!とまとめ記事を作成したとします。

そのまとめはそのオリジナルのブログ記事から全部引用して作ることになりますが、そうするとペナルティとして検索エンジンから排除されるタグが埋め込まれます。

つまり検索して見に来てくれる人は0人になります。
検索してもそのまとめは出てこないので。

引用とは全体の中の一部を持ってくることであって、内容の半分以上を持ってきたらそれは引用ではなく「盗用」になります。

つまり、それはまとめ記事ではなく「1つのブログ記事の内容をただ盗んできただけ」となるので、
そんなものは「まとめ」ではないので、検索しても出てこないように検索エンジンが拾わないようにするタグが埋め込まれます。

他所のコンテンツ1つをそっくりそのまま「まとめ記事」として転用して出すのはやめましょう。
それは「まとめ」ではなくただの「窃盗」です。