兼業とは?

【兼業】

本業(メインの仕事)とは他にもう一つ仕事がある状態。
一般的な例で言えば、「兼業農家」が有名。

元々は、2つ仕事を持っていることを意味していたが、兼業農家がかかる労働力に対してしだいに農業の収入が下がり、もう一方の仕事のほうが生活の比重として大きくなってきたため、現在は「兼業=副業」のようなイメージになっています。

しかし、元々は「2つの仕事」を持つことを意味します。

兼業の別の呼び名

「兼業」と同じような意味をもつ言葉は、

・複業
・ダブルワーク(Wワーク)

といったものがある。

現在、「兼業」は「副業」とほぼ同じ意味。

兼業におすすめの仕事は?

・ポイントサイト
・アンケート・モニター調査
・データ入力・リライト
・キャッチコピー・コピーライティング
・デザイン
・超短時間アルバイト
・せどり
・スキル・技術の販売
・文章・情報の販売
・専門派遣
・広告収入
・専門分野を活かした起業
など。

【このページの情報について】
このページで定義されている単語の説明に関しては、あくまでも副業ジャパン.comの中で定義・確定されている意味であり、正式な一般見解ではありません。